一般的な刺青除去の方法について

バナー

一般的な刺青除去の方法について

刺青は、入れる柄それぞれに意味があり、一生を共にしていくパートナーになり、自然には消えず半永久的に残り、容易には消えない特性を持っています。


その刺青除去方法は、切縫、削皮、植皮による手術で完全に色を除去できる方法と、レーザー除去によるレーザーの光線の波長によって、除去できる色が限定され、刺青の色によってできない場合があります。

刺青除去方法や治療回数は、大きさや色、皮膚組織内の色素の密度や深さにより異なります。


治療方法の切縫は、皮膚を切り取り縫い合わせる手術になり、色素の入っている深さに合わせて、全体を除去する方法になり、1回の手術で切り取れる広さには限界があり、大きさなどによって2回、3回と分けて切除する場合もあります。



削皮は、高速回転するヤスリのような専用器械で削る方法になり、薄い色であれば1回で除去できるケースがほとんどで、ダメージを残さず削るには比較的皮膚の浅い層までになっています。



植皮は、完全に専用の器械で除去した後、部位に定着しやすい厚さに採取した、自分の健康な皮膚を移植する方法になります。



レーザー除去は、色素がレーザー光線を吸収して、反応を起こし熱エネルギーで破壊されることで、体内で分解吸収されて、色を薄くさせる方法になります。
他の刺青除去方法と比べて、1回の治療時間が短く、数十分で治療ができますが、1回で除去できるケースは少なく、何回かの治療回数が必要になり、終了するのに数ヶ月かかります。



Copyright (C) 2014 一般的な刺青除去の方法について All Rights Reserved.